ヒッキーPからの視界

音楽について、VOCALOIDについて触れていきます。 あと自分の活動について。

カテゴリ: 音楽紹介

ディスクガイド誌などの「名盤紹介!」みたいなコーナーを読んで
1アーティスト1アルバムずつ聴いている人も多いと思うんですが、
よく思います。

それ、その名盤を半分しか楽しめてないんじゃない? 

 なぜそれが名盤と呼ばれるに至ったか、という理由には

,箸鵑任發覆ヒットした
評論家筋が諸手を挙げて熱弁した
シーン的・社会的影響力が露呈した(リアルタイムか時間差かは問わず) 

などがあると思います。
ここでよく言われるのが
「リリース時の社会背景などを調べてリアルタイム当時を想像して聴くとより理解できる〜」ということ。

・・・そんなの知ったこっちゃありません。
今となっては既にその時代ではないのですから、 
いくら自分が想像したところで、その想像したそれがその時の空気なのかは知る由もありません。 

でも、社会の歴史を学んだところで時代の空気は掴めはしないけれど、
アーティストの作品を時系列順に追うことで、
一つの”完成品”をバンと突きつけられるよりも
「アーティストが表したいものの輪郭」を知り、
その作品がアーティストにとってどういうバランスの作品なのか、という理解ができると思うのです。


例えば一番メジャーな例でいうと (つづく)

一連の事件・騒動がありましたが、
それを経てリリースされたASKAの新譜「Too many people」はそれに関係なく傑作であり、
何か書き留めるべきと思ってこのブログを動かしてみました。

CHAGE and ASKAは「SAY YES」「YAH YAH YAH」の印象だけが先行しますが、
彼らはオルタナティブ・ポップアーティストというのが僕の見解です。
彼らのコアな魅力について語るのは省きますが、
一度SAY YESやYAH YAH YAHの印象を置いておいて、
参考にして頂ければ嬉しいです。



Too many people



前作「SCRAMBLE」が自身の集大成かつメロディー・フレーズがビンビンに光った傑作であったので、
一連の出来事があり、もう諦めがついていたのですが・・・。

ここ何作かよりも更に普遍的なバンドサウンドになっていると思うのですが、
その上にグッと来るメロディーや歌唱が1曲1曲それぞれ、はっきりと違う形で乗せられています。
SCRAMBLEの傑作感が引き継がれていて、
ASKA節を感じさせながら、マンネリとは思わせない鮮度の保ち方が59歳とは思えない。
長らくASKAのアルバムに見られた、
ミステリアスな雰囲気や複雑なコード進行に関しては今回は比較的抑えめで、
SCRAMBLEのような高級感がある装飾もあんまりないけれど、
聴き手の温度を最後まで維持させる曲・歌としての練り込み、
アルバムの曲順等がSCRAMBLEと同等に徹底されているので

アレンジが派手じゃなくても、最後まで心が潤った状態で曲に込められた感情を享受できます。

柔軟な感覚で普遍的なポップ・アンセムを作り、独特の粘り強い歌唱でロックの牽引力を込めていく。
ASKAのトップミュージシャンとしての地の魅力がフル稼働されているアルバムだと思いました。




・・・。



・・・そして何より歌詞です。
僕は今までASKAの煙に巻いたような歌詞にはそこまで好感を抱いていませんでした。
(勿論好きな歌詞もありますが)

逮捕前はASKAの人格を聖人のように崇める方などもいましたが、
自分は昔も今も全然そうは思わないし、

女にだらしなさそうだとも思ってたし、のぼせあがっているようにも感じられたし、
自分の弱さや不利なことを意味深な言葉で言いくるめるのが上手い人なのかなとも思っています。
ただ、それも含めて人間臭い所が好きでもありました。

でも、今回のアルバムの歌詞は、ASKAがトップスターとしてではなく、
一人の裸の人間として自分の弱さと対峙して書いたものに感じられて、
そういった曲は「月が近づけば少しはましだろう」などこれまでも断片的に見られていたとは思うのですが、
今回はアルバム単位で「スター的高さ」を排しています。
それによって本当に様々な境遇の人の親身に寄り添っているかのような歌詞になっていて、
その部分が個人的にはこれまでで最も心に伝わってきました。

全曲好きですが、「Be Free」のか細い叫びのようなフレーズ、

「自由になりなさい 楽になりなさい 誰かにそんな風に言ってもらいたい」
「僕はいつもつまづいてばかりいるくせに 輝きばかりを求めて歩いてるくせに」

の部分から感じられるものが心に引っかかりました。
かつてこの人がこんなに愚直に弱さを見せることがあったでしょうか?
そこから前半〜中盤の曲順・流れがなし崩しに心を動かしていきます・・・。
アーティストの経緯は全く無関係だけど、syrup16gのアルバム「Syrup16g」が好きな人に勧めたい。

そんな、ブランドも、無駄なプライドも捨てて、
ただミュージシャンであるというプライドだけは堅く守り通して作ったASKAの渾身の一枚、
ぜひ、以上に述べた意味合いとしての歌詞も含めて、このアルバムを聴いてほしいと強く思いました。

心にぶっ刺さったアルバムを聴くと、
その興奮のままgoogleで検索して他の人のレビューを探してしまうんだけど、
こんなにも感銘を受けたアルバムの感想を誰も書いてなかったので書きたいと思った。


AWAKE IN A REVISITED WORLD

80年代後半から90年代前半、
アンダーグラウンドで一部からカリスマ的な熱狂を受けていたASYLUMの24年ぶりの新作。

自分がASYLUMを知ったのは10年前、ヴィジュアル系のルーツを調べるため
X/LUNA SEA以前に同様の美学を持っていたバンドをひたすら調べていた時、
カリガリを経由して初期FOOL'S MATE編集長が担っていた偏執狂バンドYBO2とトランスレコードを知り、
そこから名前を聞き、YouTubeで動画を探し、衝撃を受けた所から始まるのだけど、

まず最初に耳を引いたのがボーカルのガゼルのスーパーヴォーカリスト力。
聴き手の胸倉をつかんでくるような絶唱と、併せて耽美の原点ととれるカッコいい歌唱。
そして気味の悪いコード進行で殴りつけてくるようなプログレッシブでハードコアパンクな世界・・・。
同じ時代にカッコいいバンドは沢山あれど、
ボーカルのカリスマ性をこの練り上げられた音楽性に乗せて、
化学反応を起こしているのに徹底的にアンダーグラウンドであり続けているのが凄い。

そのASYLUMの24年ぶりの新作!!!
でも正直、バンドにブランクが空くほど、本人も老い、時代も聴く人の感覚も変わり、
当時は斬新だと思われていたことが当たり前の手法になり、
しかしその変化をバンド側がいまいち掴んでなかったりして、
バンドの再結成した後の新作を聴くと素直に楽しめないことが多いというのが経験則としてあったので、
ASYLUMの新譜も聴かずに居る方がいいのでは、と最初は思っていた。

たいへん大きな間違いだった!!!

ふと聴いてみたAmazonの試聴でそれに気付き、
急遽FOOL'S MATEのニコニコチャンネルに有料登録しASYLUMのニコ生を拝見し、
そこで行われていたスタジオライブに絶句。
慌てて10/28の新代田ワンマンライブのチケットを取り会場でCDを購入。
まずライブが映像を上回る迫力で圧倒されたけどそれはまた別の話として、


何なんだよこのアルバムは・・・!
ロックという分類をするであれば迷うことなく真ん中のロックではあって、
プログレと称する人がいればそれも抵抗無くそうですねと言えるのだけれど、
そうであること以外の判断を奪われるようなアルバムだ・・・。

「普通じゃない、繊細に練られた細部が寄り集まり、それらが骨格にくっつき、割り切れない魅力を生んでる」
と言えばいいのか、そういった正統派的なのに複雑混沌と進んでいくアルバムの雰囲気が
やがてガゼルの胸倉をつかむような歌唱とともに大きな感情を連れてくるのが本当に凄い。
この感じどこかでデジャヴがあると思ったんだけど、
(本当に誤解を恐れずに言えば)DIR EN GREYの「UROBOROS」だ。
音楽性が似てるんじゃなくて、アルバムのアティテュードが非常に似ていると思う。
形容しづらいしできないのだけれど、
その形容できないニュアンスを形にしようという意思が明確に存在している。

明らかにASYLUMのオリジナリティは揺らいでなく、味が削られることなく、むしろ研ぎ澄まされていて
しかも解散前の活動から違和感の無い形で、
かつ完全に過去のどれとも違う内容でアルバムが完成している。
それが24年ぶりの新作という形で、年齢を重ねた現在に放っているのが本当に本当に凄い。
ASYLUMが休止中もずっと現役で、新しい形についてずっと考え続けてきたことが窺える。

ASYLUMの新作。おすすめです!!!

黒夢はすごい!!!

ところで黒夢がメジャーデビューした頃の1994年、
黒夢とLUNA SEAが二大タダモノじゃないニューカマーとして話題になったのは
当時ビジュアル系と呼ばれ始めた当時のそこで目立っていた二つだった以上に
2つの共通点、対比点があったからではないでしょうか!?
そしてそれらは日本のロックシーン全体の舵をとっていく大きな指針、
転換になっていくものであったことも挙げられます。

【共通点】
●イカ天終結後に漂っていた、日本のロック=爽やかスポーツ系ぽさ・体育会的・ヤンキー的なものを指すという風潮を壊す攻撃力・説得力を持った、当時の現状を踏まえた上での文科系っぽさ・非マッチョっぽさ

●ロックシーンで発揮された熱量を保ったまま歌謡曲へ還元してくる力

●どちらもシーンの史実の中心に組み込まれていること

【対比点】
●同時期のブレイクにして、分かりやすい光と闇の構図

●一貫した構築美のLUNA SEAと、衝動・破壊・発想の黒夢

● 神秘的・理知的・神経質なLUNA SEAとビッグマウス・戦略的・ロックスター的な黒夢

●極力セルフプロデュースに拘り外部の力を嫌ったLUNA SEAと、プロデューサーから素直に学んだ黒夢


 これ1つの項目を章にして本書けるくらい興味深いことです(僕にとっては)
 この構図が見え始めたのがまさしく、黒夢がメジャーデビューを果たしたここです。

4th  「迷える百合達〜Romance of scarlet〜」 (1994年)

迷える百合達〜Romance of scarlet〜

まずこれはインディーズ時代の伝説的人気の勢いで
デビューで突然オリコン3位を獲得した話題作です。
インディーズ時代から順を追って分かるのが、
前作までの分かりにくさから概ね脱して
勢いのある歌謡曲っぽさと元来の黒夢の根底から沸く様なダークさが7:3で融合して
ヴィジュアル系の礎となるような1枚になっていることです。
出す音や声など、粘り気が強いけれどフレッシュに感傷的で聴きやすい!

自分は黒夢の中で最後の方に手をつけたアルバムですが、
結局これが、最初聴いた時から今まで一番熱中して聴き続けているアルバムです。
いわゆる「いかにもヴィジュアル系っぽいもの」って、偏見とかではなしに
もうありふれたくらいの存在になっているせいであんまり聴きたいってならないじゃないですか。
でも違うんです。これは「ヴィジュアル系に倣ったもの」ではなく、「ヴィジュアル系を創ったもの」なんです。
いわば初代ゴジラです。伝わって下さい!

ところで、
LUNA SEAと黒夢の対照性を明瞭にした2つの象徴的なPVがあります。

1つはLUNA SEAの「ROSIER」。当時ミュージックビデオアワードでも大賞を獲った名作ですが、
とにかくバンドの見せ方として画期的で凄いと言われたのは
計算されたステージングがこの1つのPVに凝縮されてることで、既に教科書みたいな評価になっています。
限られた狭い空間でメンバーが無駄なく立ち回って
全員の見せ所をパズルのように組み立て作っていき
そうでありながらダイナミックで躍動的
という、
新しいバンドステージの水準を作った存在と言えるPVです。

それに対してもう1つが黒夢の「autism-自閉症-」(※自閉症団体からクレームが来て現在は発禁・・・。)
これは所謂後々のヴィジュアル系が、
こんなパフォーマンスをして闇や狂気を表すのだろうという原点になった
様々なダークな演出のアイディアが詰まったこれまた教科書みたいな作品です。
オルゴールっぽい音に合わせたオープニングの演出、
節に合わせて虚ろな眼で手を上げ下げする、白衣を着て執拗に機械を弄る、
回転台の軸にカメラと清春を乗せて背景がぐるぐる回る中で清春だけがずっとカメラ目線

などなど、 ユニークさが、既存の模倣や手法としてではなく
不気味なダークさを芯とした表現の発想として繰り出されていくカッコいいPVです。

どちらも多方面に多大な影響を与えたゆえ
この2つが「二大ヴィジュアル系」と呼ばれるのも仕方ないと思うのですが、
音楽は勿論、この視覚的演出においても性質の違う2つを「ヴィジュアル系」とくくったことが、
ヴィジュアル系が見た目だけで判断されるものという偏見を生んだとも言えるのではないでしょうか。

この後、これらに影響を受けた有象無象の作品が生まれては忘れられていきますが
「倣った存在」と「創った存在」は感触が違うんです。
倣った存在は器用でウェルメイドだけど、創った存在は必ずしも手触りが滑らかではありません。
つるつるした触りやすさではなく、ざらざらした衝撃なんです!
光る部分も鈍い部分も含めた全体を貫通する芯が大事なんですよ!
みな言葉にすればクオリティとかオーラとか、そんな納得度の低い言葉に甘んじている傾向が見られますが
きっと求めているものはそういうものなのではないでしょうか!
人によってはそれを才能と形容しますが、 僕は才能という言葉が世界一嫌いなので
そんな言葉で納得しません!



そんな感じで「ヴィジュアル系の水準」を築いた黒夢ですが、 
次から周囲の土壁を抉り崩していく、新たな形態に脱皮していくわけです。乞うご期待!!
つづく 

黒夢はすごい!!!

そう、実は前回記述した2ndアルバム「中絶」には個人的な思い入れがあるのです。
幼少期から、僕の地元には「いわしや」というCDショップがありました。
初期の頃は大槻ケンヂヘアーの店員さんが
優しくTHE BOOMの思春期などを紹介して下さったものです(今や人生の一枚です)

自分が高校の頃「処女A」という名前で曲を作りCD-Rに焼いていた時は、
「いわしや」に持ち込んで無理やり試聴用と題して置かせてもらっていたものです。

しかしやがて店員さんも入れ替わっていき、最終的に経営してる方一人になり
商品の入荷や陳列の入れ替わりも鈍くなり、一足も遠のいていきました。

そして僕が自分のCDを出した時、いわしやがあと数週間で店仕舞いすると知りました。
そこで実に数年ぶりに、いわしやの扉をくぐって店内を覗いてみました。

す、すごい・・・トレンドの察知を怠りすぎて
時が止まったかのようなCD棚だ・・・!


時は2012年。
掘り下げて置いてあるのが未だに青春パンクの面々という
2002年から完全に時が止まったまさに「10年前のCD屋の光景」が広がっていました。

そんな中、それよりも更に10年も遡る、
黒夢のインディーズ時代のアルバムの在庫をまだ新品として抱えていたのです!
もしここで買わなければ、「黒夢の中絶をCD屋で新品で買う」という体験は二度とできないかも
(amazonの中古では普通に在庫あるけど、そういう問題じゃないんだ!!)
なんて思ってしまった僕は、
それまで何となく記憶のパンドラの箱にしまっていた黒夢の中絶を取り出してレジへ行き、
「まさか中絶が新品で置いてるなんて!どうなってるんですか!」
などとオーナーに言ってみると
「ずっと残ってたんだねェ・・・」
って他人事か!

そんなこんなでワクワクした気持ちで自転車を漕ぎ家路を急いだ、という話もあり
非常に思い入れ深い一枚なのです。
以上、蛇足です。
__________________


3rd 「亡骸を・・・」(1993年)

亡骸を・・・

前2枚の話題を受けて、新しい時代の萌芽として
地下から徹底的支持と期待を受けていた中での3rdアルバム。

いわゆる後のV系ファンと呼ばれる層から圧倒的な定評を生み
インディーズでは異例の10万枚出荷というロングセールスを記録し、
メジャーデビューへの直接のきっかけになる。
X JAPANのYOSHIKI率いるエクスタシーレコードからもリリースを打診されていた
クレジットにはL'Arc-en-cielの名前も刻まれており、
ラルクが当時のV系(と後に呼ばれる)シーンに深く関わっていた証拠はここに残っている(小声)

9曲目「親愛なるDEATHMASK」は1stのリメイク。

この一筋縄では行かないポジティブパンクよ・・・。


初めて聴いた時から今まで、ロングヒットが信じづらいくらい全体はキャッチーじゃない。 
尺や1曲ごとのコントラスト、キャッチーなメロディの意味では前の「中絶」の方が明快で聴き易い。
また、極悪で原始的な衝動の1stアルバム「生きていた中絶児」とも趣が違う。
陰鬱で不気味なコード運びの「内側音楽」の中で
断続的に頭に残る、清春のねっとりした歌い方ならではの歌謡的フレーズが外側へ汪溢してくる感じ!

10曲目の「亡骸を」は亡き清春のお父さんが初めて理解してくれ、
音楽することを認めてもらった黒夢至上運命の一曲で、
この頃にすでにこの後見せる清春の普遍的な歌謡的美しさを切り取っていて名曲だ・・・。
あと1曲目のイントロが後続のV系に与えた影響と言ったらマジヤベエ

1、2枚目に比べてストレートじゃないけれど、それが良いという感覚もよく分かる。
形容しがたい全編に渡る緊張感が、独特のダークさを際立たせている。
当アルバムもファン内やV系を語る人の間で名盤の名高く、
エネルギーが歪んで放出されているこの1枚が名作とされる所にV系のポテンシャルを感じる 。



このビッグセールスを受けて翌年メジャーデビューの黒夢。つづく!!(まだまだだ)

このページのトップヘ