前回の記事「

(http://hikkiep.net/archives/2438483.html)
が、意外にも反響があったので、
鉄は熱い内に打ての精神で追加的な記事を書いてみようと思います。



前回は、
「自分の条件を整理して、何が必要か何が不必要か”最低限で最適”を見極める」
という記事を、診断形式でお伝えしてみました。

でも実際には、前回書いたことはまだ机上の空論
実際に家を探し契約を結ぶ局面こそが本番です。
中には大家さんと直接契約をする方、
最近ではイエプライエッティのような、
チャット型オンライン不動産で済ませる方もいます。
色々手段はあると思いますが、今回は通常の不動産屋さんに出向く場合を想定し、
うまく不動産屋さんと話を進めていく大まかなことを書いていきます。 



でもですね、不動産屋さんの入口をくぐった時点で、現れてしまう心理的な障壁があり、
それによって、不動産屋さんがいくら誠実でもなぜだか感じてしまう
思うように話が進みづらい気持ち
実際行ったことある方でも多くの人が持ったのではないでしょうか?これは

向こうはプロだけど自分達は素人、
という絶対的なアンフェアがあり、
それを自分達が意識してしまうから
です。
こちらとしてはどうしてもズケズケとは言いづらいゆえに、
向こうの方がどれだけ誠実であっても、こちらが「弱い自覚」を持ってしまうのです。

不動産屋さんにとってはこの優位さがある限り、
本当にお客様の視点に立って、という姿勢がとても難しくなる
だから、親身になって対応してくれる方は本当に素晴らしいと思いますが、
会話の主導権は圧倒的に不動産屋の方が握りやすい。
だから時折、「お、チョロいな」という悪魔の囁きが
不動産屋さんに掠めてしまうのは仕方のないことなのです。

中には「まるで相場を分かってないですね、ハハッ」と小バカにしたり
説教して言いくるめようとする愚か者も出現する、という寸法です。 



・・・、と、おそらく、そこまでイヤな奴が出てくる可能性は低いとは思いますが、
どうすれば素人の自分達が、
スムーズに不動産屋さんと対等に擦り合わせができるか!

ということについて、箇条書きしていこうと思います。


 
不動産店内に入ると、最初から担当者の方と対話が始まるところ、
まずチェックシートに記載してそれをもとに進めていくところ、
店によって進め方は違いはあると思いますが、
共通するのは「話し合う場面が訪れる」ことだと思います。



〆把禪造領薺靴鮨監世

あまりに普通のことですが重要事項です。
不動産屋さんも人間です。
仕事としては客によって不平等に態度を変えることは言語道断ですが、
無礼でイヤな奴が客でやってきたとして、果たしてモチベーションが上がるでしょうか!
挨拶、丁寧語、基本的に腰の低い姿勢は心がけるポイントです。



⇒修瓮優奪箸猟詑瀛件サイトで希望の物件をまとめて見せられるようにしておく


これを徹底すれば前回の記事がまるまる不要なんじゃないか?

というほど有効な方法です。
「SUUMO」「LIFELL HOMES」「CHINTAI」などの物件サイトで、
自らの条件に合った候補物件の情報をブックマーク・印刷していき、
それを不動産屋に渡して問い合わせてもらう
、という技です。

大きな利点として、もしもその不動産屋と相性が悪かったとしても、
物件自体はあくまでこちらが選んだものを調べてもらえる
、というものがあります。

ただし、多くの物件が既に寸差で獲られていたりするオトリ物件じゃないの?ので
できる限り多くの候補物件を印刷し、全て調べてもらうことがポイントです。

10件くらい持っていき、その全てが既に埋まっていたとしても、
10件も持っていけば、自分が希望するのはだいたいこんな物件だというイメージを
その10件を使って不動産屋に伝えることもできるし、
それでもなお向こうが希望とかけ離れた物件ばかり紹介してきた時に、
お断りして店を出やすくなります

「ああ、ここ自分との相性が悪いなぁ。
 しかも自分が持ってきた物件がどれも叶わなさそうだなぁ・・・」
という時に気軽に断りやすい(口実ができる)の、すごく良くないですか!?


断る時は、
「もう一回条件など考え直して、出直してみます」
といった”後日リトライしてみます方式”がお薦めです。


「希望の物件のサンプルが実際に10件もある」ことで、
理不尽に言いくるめられることも少なくなるはずです。

実際、10件ほどサンプルを持っていけば、
2〜6件くらいは実際に募集しており、内見まで繋がると思われます。



4望家賃と同時に譲れるポイントを明確に伝える

不動産屋さんが「こいつ世間知らずだな・・・」と高を括る瞬間、
それは「希望家賃がとびぬけて安い時」です。 
イヤですよね!こちらは慎重に対策しているのに
相手からは「何も分かってないな」って一瞬でも思われること! 

ですので、希望家賃を伝える時は
同時に
ユニットバスでもいいので・・・
木造でもいいので・・・
ボロでもいいので・・・

と、譲れる条件の情報を添えると、不動産屋さんとのコミュニケーションが円滑になります。

多くの場合、譲れない条件だけを伝えて探してもらう形になりますが、
もしそういった”譲れる条件”の注釈があれば、不動産屋さんも、
安心してその条件を欠いた物件の紹介もして下さります。




げ疆戮吠かってるアピールしない!

最後に、いくら綿密にその土地のことなどを調べつくして臨んだとしても、
自己主張の強さや、「全て分かってますよ」感を出さないことが大切です!
結局は不動産屋さんは部屋探しのプロなので、
絶対的にお客さんより多くのことを把握しています。

それを認識せずに話をすると、不動産屋さんからすると「めちゃめちゃイヤな客」です。
協力に消極的になられてしまうかもしれません。

あくまで部屋を探す人と不動産屋さんは
お互いを尊重して話し合っていくものではないでしょうか! 






以上を留意して不動産屋のゲートをくぐっていくと
穏やかな部屋探しができるのではないでしょうか! 

と、ここまで くれば、実際にどこに住めばいいのかという話になってきますよね!
「じゃあ○○の路線だとどの駅がベストなの?」みたいな詳細な情報をお求めかもしれません。
最近は家賃相場サイトも充実してますが、サイトごとに結構バラつきありますよね
一体なぜ?実際はどう?みたいな記事も書ければ・・・
いいなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






「私はどこに住めばいいの?」ってことについては
たぶん個人個人でニーズが変わってくると思うし、急ぎの場合もあると思うので
メールなど頂ければ簡単な相談など乗らせていただきますよ♪

moda1987(アットマーク)gmail.com