・電撃BiS階段


【参考06】 BiS階段


BiS階段

【参考07】 電撃ネットワーク
http://www.youtube.com/watch?v=WxivQYtpuSQ

朝っぱら8時前から人々をノイズの轟音に巻き込み極端な監獄的空間を招いていた非常階段
全裸とか見せたりするカルトアイドルBiSを呼びまもなく登場。
戸川純カバー「好き好き大好き」の伴奏が軽く流れ、そこになだれこむように
沸騰した鍋に頭突っ込んだりするグループ電撃ネットワークも登場。
別々の方向にネジの捻じ切れたこの大物3つがこの日限りの合体バンド「電撃BiS階段」を
青森の僻地の朝8時という観る側にはめちゃめちゃハードルが高い環境でステージするという
とんでもない瞬間に立ち会う。

非常階段が後方でギターノイズ+絶叫を垂れ流しつつ、BiSの楽曲の伴奏が流される中で
電撃ネットワークが花火、鍋、墨、ドライアイス、真空パックの王道パフォーマンスを進行しながら
踊っているBiSに度々ちょっかいかけてパフォーマンスに巻き込んでいく、という基本構成だった。

電撃ネットワークのお馴染みのパフォーマンスを初めて目にできた!ガチでやっていた・・・!
BiSのメンバーも電撃と共にステージ、花道、リングを縦横無尽。
朝8時での入場者数は1500人程であったらしいけれど、
その中でこのステージ観てたのはざっと500人〜1000人くらい?
「うおおBiSがおるぞおお!」とノリノリになってたら、すぐリング沿いの前3列目位に流れた!やった!
前後には一見爽やかそうな兄ちゃんなのに、後ろにBiSと書かれたシャツを着ている研究員。
(※注 研究員=熱狂的なBiSファンの総称)
初音階段やディズビズにも好意的な反応でノっていた方々だったので、少し親近感も持つ。
でもBiSがリングに入るとめちゃくちゃ暴れる!めっちゃ暴れる!モッシュ!
BiSのカミヤサキがカメラ持って歩き回り客席を撮っていて目の前で何回も撮られた。
客の渦に揉まれながらアヘ顔になってるところ撮られたから写真絶対見たくねえ!
公開されませんように・・・。
 
まもなくステージに沸騰鍋が運ばれてくるのだけれど、
電撃の南部さんが恒例の顔突っ込みした時にBiSのウイカの手も捕まえられ
勢い良く片手をバシャッと入れさせられる!
テンテンコが真空パックの中に入れられて掃除機で空気抜かれる!
なんかヒライノゾミがノイズ弄ってる!!?
など、まずこんな要領で階段や電撃のパフォーマンスがBiSと一緒に体現されながら
BiSの定番曲「nerve」「primal.」になると振付けがリング上のメンバー、客一体となって行われ始める。
前3列目にまでいて直立地蔵は絶対したくなかったので
YouTubeで見た記憶だけを頼りに僕も振り付けを見よう見まねでやると、
めっちゃ楽しい!! 
リングの内側にあらん限りに腕を突き伸ばす無数の観客と、
リングの外側に懸命に手を差し伸べるメンバー。
前回記述の通り、特にリングには客スペースとの仕切りが無いので、
客と演者の境界線の厚さがリングのゴムの幅しかなく 
しかもこの危険な環境で時折BiSのメンバーがリング降りて客と客の合間を走り回る!
でも、広さに対して人の数もそう多くないから和気藹々ともしている。
このアイドルライブのアウトライン一線超える感覚。凄い。

もう何が何だか分からない混沌の空間が渦巻いている中で
売店の方からDPGのMr.パーフェクト福田洋がその渦の中に飛び込んでくる。
しかも僕がいる方向にやって来たので彼のモッシュを直に支えながらリングの方へ送ることに!
もう楽しすぎてKYな僕はみんなが「nerve」の指さす振り付けでメンバーに向かって差している時に
一人で福田洋に「YEAAHHH!!!」って指さしてた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 。
福田氏はリングに乱入しようとしてウイカに蹴り落とされてた。
一緒に細身のシャイボーイ氏も来ていた!

振り付け曲が終わり最後のフリーノイズ「BiS_kaidan」になると
花道やリング一面にBiSと電撃の面々が色水を客席にぶち撒け、
次いでバケツ一杯に入った鶏の足をポンポン投げ上げる。
ギターのピックかと思ったら鶏の足だった・・・。 
JOJOさんもなんか鶏の足投げてるけど、
じゃあ今ノイズ流してるの誰!?って確認する意識も朧気のうちに
電撃・BiS・階段全メンバーがステージ中央へ集まっていき、
手を繋いで「夏の魔物楽しんでいって下さい!」で終了。

※ニュースサイトのレポも参考になるかも!

電撃BiS階段、夏の魔物ライブはノイズ、火花、鶏の手飛び交うカオスに

http://www.musicman-net.com/artist/29030.html

朝8時半に色水を直でぶっかけられた人は このあと夜までどうすんだ!?って思うも
汗だらけになった自分も大差なく、一帯には異様な残り熱が漂っていた。
そのまま休む事なく青ステージへ。


・Wienners

 【参考08】 Wienners


CULT POP JAPAN

1stアルバムのタイトルCULT POP JAPANの通りに、
ゼロ世代の突然変異系の変拍子ロックバンドの緊張感、と
でんぱ組.incに楽曲提供するくらいにポップな曲作りの同居で、
カルトポップの異名を持つ新鋭ロックバンド。

某ボカロPさんから教えて貰って初めて 知り、聴いたら見事に自分のストライクど真ん中で
絶対観ようと決心していたもので
実際のライブも音源や動画とまんま等しい切れ味を持っていた・・・!
こういう、DTMでいう所の「WAVファイルを切り貼りしたかのようなぶつ切り感」って
生演奏だとマイルドになって「これが生演奏だね!」って雰囲気になると思うんだけれど、
WiennersはWAV切り貼りぶつ切りの切迫を持ったまま、
それに生演奏のダイナミックさを加えて存在してしまっている!
唐突に沈黙したり、計算された細かいタイミングで全員演奏がズレなく揃ったりと
関西ゼロ世代(彼らは関東だけど)を思い出させるイカれた音の放出をしまくり
脳みその死角の部分をピンセットで摘まれるような新しいハチャメチャ感にやられて
衝動的に楽しく押しくらまんじゅうしてた!
かつそこまでアバンギャルドな部分を強調しながら
全体は温かくてポップな曲の雰囲気で場を包み込んでいて、
そこにモンスター然とした存在感・オーラを覚えた。

「シャングリラ」の「T・O・K・Y・O!」の掛け声は青森の「R・I・N・G・O!」に変えて全員で歌う。
そこで若干ゆっくりするも、再びアップテンポな曲になると
否応なしに身体がバキバキと反応してしまう。
グルーヴと切迫の二刀流!
実はこの時、前日の不眠が祟り、
轟音による吐き気のようなものがこのWiennersのアクトでピークを迎えるも、
それを凌ぐライブのエネルギーを感じて後ろで大人しくは見てられなかった。
楽しい音楽の力で終始僕の身体と脳みそをバキバキに操る、最高のカルトポップバンドだった。
MCではベースの人が青森なのに秋田と勘違いしてたのが面白かった。

ここでWiennersのことを教えてくれた某ボカロPさんともう一方某ボカロPさんにお会いして
その時に大事な話を持ちかけられたのでその内容は後日発表します。



AM9:00

もうこの時点で
「青森最後の詩人ひろやー」「初音階段」「this is not a business」
「電撃BiS階段」「Wienners」
を見終えて各ライブで体力を酷使し、この時点で
普通のフェスを普通の感覚で見る人であればたぶん1日終わってるくらいの情報量。
たぶん夜とかになってるレベル。でもまだ2時間経ってない!?

本当はそのまま9時からの「ハナエ」を観に行く予定だったのが
あまりに体力を酷使して息切れと吐き気でどうにかなりそうだったので草原で寝転ぶ。 
僕が寝転んでる先のステージではmilktubが影山ヒロノブとデュエットとかしていて
寝転べるくらいのスペースから見ているにも関わらず、
ある程度は肉眼で確認できる距離にいることに気付く。
たぶんロックインジャパンとかだと立ってないといけない距離を
寝転びながら見れるって凄いぜ!!
などということ考えながら売店の飲み物買う。


 ●TRASH-UP vol.16 夏の魔物特集


季刊 TRASH-UP!! vol.16

並びに購入を決意していたのが、雑誌「TRASH-UP!!」の夏の魔物特集号
このフェスがいかに異端か変か外れ道的かということを
各関係者100ページ以上のインタビューで炙り出すという雑誌。
しかもこのフェスのいわくがあまりにありすぎて
読み出すと面白くて止まらない。

何が凄いかって、これを草原で読んで
「あっは!こんなヤバいフェス日本に現存するんか!?まじで!?
 行けたらいいなあー行きたいなー。どうやったら行けるのかなー。妄想しよう・・・
 って今まさにここでやってるーー!!!」 
という興奮をですね、現地で行えちゃうわけですよ。
 
たぶんこの興奮って

80年代に田舎少年が、東京のロックシーンを神格化して妄想しながら宝島社の雑誌を読んでいたら、
 顔を上げると目の前でそのシーンが繰り広げられていた


と全く同じ事を現実に体現しちゃってる興奮。 
TRASH-UPのvol.16、まだ売っているはずなので通販等おすすめします!!!!!!
http://www.trash-up.com/store/trash-up_vol16.html


(その3へ続く)
ヤバい、この時点でまだ朝9時半だ・・・・・・・・・・・・・・・。