「陰沈少女G」
ある日わたしの家の玄関に謎の小包が落ちていて、それを開けると中には「陰沈少女G」と書かれた2枚のCDと手紙が入っていました。そしてすぐにCDを再生させたのですが当時のわたしは体調がすぐれず、その息詰まりそうな音にしばらく魘されていました。

でもその時はじめて聴いて以来、その音から全力で感じる誠実さはずっと不変のもので、制限された環境、少ない音数から生まれたまんまにぶつかって来る熱のようなものは、恐らくこの作者の方のどのアルバムを聴いても揺るがない特権なのだと思います。とは愚かな憶測ですね、すみません。

そしてその陰沈少女Gさんがわざわざわたしに連絡をくれ、わたしの「のどが渇く」という曲をカバーして下さりました。この方の揺るがない感覚により、原曲と全く違うのに違和感も全く無い音源になっていて胸にガッと感謝と「作って良かった」の念が顕れてきました。とても嬉しかったのです、ありがとうございます。

音源はmyspaceにアップされたようです。うおお
http://www.myspace.com/inchinshoujyog



「Engawa Films Project」
誰かが時々YouTubeにわたしの曲を転載して下さるのですが(転載者によってまちまちなのですが、できれば音質の劣化が無い状態で上げてくれれば嬉しいです)、数日前、その確認をしようとエゴサーチしていて、「言葉のサラダ」というショートフィルムのような動画を見つけました。調べると、ヨリコジュン監督の舞台公演「MIMICRY(ミミクリ)」に即して、それに派生したサイドストーリー的な作品を「Engawa Films Project」さんという方々が制作されたらしく、そのイメージソングとしてわたしの「ミミクリ」という曲が使われていたのでした。

言葉のサラダ、とは、精神病を抱える方が非理性的に単語を羅列する様子、またはその単語群を指す用語らしく、作品内ではやはり一人の男性による言葉のサラダが、主人公の一人称によって映画的に描かれていました。そして本舞台のタイトルとの被りからわたしの曲がイメージソングに選ばれたようです。ラッキーです。ぜひ舞台も拝見させて頂きたいな!と思ったのですが残念、もう公開は終了したようです。

観る前はそのフィルムにわたしの曲が使われる余地は無いんじゃないかなと思っていたのですが、とてもマッチした形で使って下さって嬉しかったです。そもそもわたしの曲はサントラには絶対的に不向きだと思っていたこともあり、使われていると知りとても驚きました。監督さんの巧みさに感謝です。

これが「言葉のサラダ」の動画です。うおお




どちらもニコニコ動画という規格の外側で起こっていて、
製作の輪のようなものが広がっていく感覚を覚えてとても感動しました。
ありがとうございます。






JOYSOUNDカラオケリクエスト投票中です!
「知らない街」「DI」「私は演者です」の3曲
http://s-url.jp?71708





拍手レス

林檎さん
ありがとうございます!
空中庭園、アヒル軍曹Pの曲の中でも初めて聴いた時から物凄く心に響く曲で、それをこう、返したいなと思ってがむしゃらに歌いました!上手いわけではないですが、お褒め頂いて嬉しいです!

陰猫さん
感動しました。
100sPさん(nukegaradotnetさん)も陰沈少女GのCD欲しいと言ってました!